家を建てるなら液状化対策をするのが常識!

工事

命を守る場所だからこそ

地盤調査とは、地面の性質や構造を調べることで、この作業を行うと安心・安全な家を建てられます。また、地震調査をする場合には業者に委託するのが普通です。このとき、複数の企業から見積もりを取るなどして良心的な業者を選ぶのが大切です。

液状化現象を防ぐには

工事現場

地下水が原因

大地震が起こることで懸念されるのが建物の倒壊や火災です。地震国の日本においてはこれまでの大地震で起きた建物の倒壊や火災による被害を鑑みてこれを防ぐ観点から耐震性基準を改訂していきました。これにより新築の建造物は耐震性基準を満たした地震に強い建物が建立されることになりました。しかし地震の被害は耐震性を強化するだけでは防ぐことはできません。建物を支えている地盤が崩れてしまえばいくら建物を強化しても無意味となるからです。地盤の被害で最も多いのが液状化現象です。液状化現象は地震が発生した際に地盤が液状化になる現象のことを言います。液状化が発生するのは地盤の下に地下水が溜まっていることが原因なのですが、その地下水が地震により地中の圧力が高まり地上に押しあがっていくのです。

地盤と建物の対策

当然ながら液状化現象が起こりやすい土壌とそうでない土壌があります。最も効果的な液状化対策は液状化の起こりにくい土壌に建物を建立するのが一番良いのですが、実は液状化が起こりやすい土壌でも液状化対策はできるのです。液状化対策は三つあります。一つ目が地下水を抜く、もう一つが地盤の密度を増やして締め固める、そして地盤に安定材で固めて地盤を固化することです。液状化が起こる様々なリスク要因をとり覗くことで液状化が起きない地盤に改良するのです。また建造物による液状化対策は地中の深いところにある固い地盤に届く杭で強化することです。液状化が起きて地盤が沈んでも建物は傾くことなくしっかり固定されることになります。地震による液状化は倒壊や火災と同じく今後の生活に支障を来すことになるのでしっかりとした対策を施すことが大事なのです。

地盤改良

地盤の液状化に備える

それほど震度が大きい地震ではなくても、揺れ方次第で地盤の液状化現象が発生する可能性があります。家を建てる前に地質調査を行っておらず、地盤に不安を感じている人は、専門業者に依頼して地質調査を実施してもらうとよいです。建物がある状態でも調査できる方法がありますので、何も心配する必要はありません。

作業者

住宅の土壌汚染対策

住宅を建築する際にはベンゼンや重金属・油・農薬等の有害物質が土地に残留していないかどうか、事前にしっかりとした土壌汚染調査を実施しておくと安心です。土地履歴調査や化学試験調査で有害物質の残留が判明した場合でも、専門業者の手で土壌汚染対策を施せば土壌が浄化されて住宅に適した土地に生まれ変わるのです。