家を建てるなら液状化対策をするのが常識!

  1. ホーム
  2. 命を守る場所だからこそ

命を守る場所だからこそ

工事

土地の性質を調べる

地盤調査とは、地面の下の構造や性質を事前に調べることを言います。住居が家族の命を預かっているのを踏まえると、地盤調査をきちんとした方がいいです。地盤調査なしで家を建てると、地震などの災害が起こった際、地面の隆起や沈下によって被害を被ります。きちんと調べておけば、災害に強い土地かどうかをあらかじめ把握でき、より安心感のある家を作れます。また、地盤調査をすることで、思わぬ建築トラブルに巻き込まれるのを防げます。何もしないと、地面が傾く場合があり、建て替えたり引っ越したりする必要が生じます。ですが、地盤調査をしておけば、その土地が建物に耐えうるだけの強さを持っているのかが事前に分かり、その場所を避けることができるのです。

素敵な業者と出会うために

地盤調査をする時の注意点のひとつが、お願いをする業者をきちんと厳選することです。すべての業者が同じ工程で調べるわけではなく、企業ごとに方法は異なります。適当にお願いする企業を選ぶと、悪徳業者に引っかかる可能性があり、そうすると巨額の損失が出てしまいます。親身になって相談に乗ってくれるところを見つけ出すと、適正な形で地盤調査を進めてもらえるため、安心で安全な家を建てられます。良心的な地盤調査会社を選ぶコツは、いろいろなところから見積もりを取ることです。見積もりの数が少ないと、見比べる際のデータも限られ、正しい判断を下せなくなります。反対に、見積もりが手元にたくさんあれば、それぞれの違いが明確に把握できるため、最適な答えを導き出せます。